交通事故ケア

こちらでは、当院の交通事故ケアプログラムについてご説明します。ご来院時の参考にされて下さい。


当院で考える交通事故後の処置や当院における施術の概念は以下の通りです。

 交通事故へ遭われた方へ

$ 交通事故に遭われたら、出来るだけ早期に治療を開始されることをおすすめします。

交通事故後、時間の経過とともに筋肉や靭帯の炎症が、神経や関節、脊髄にまで障害が及ぶことがあります。場合によっては患者様のお身体に後遺症として障害が残るケースがあります。もし交通事故にあわれてしまったら、後遺障害の発生等により、その後の人生を後悔しないようにする為にも、できる限り早期に通院されることをお勧めいたします。

 まずは、病院もしくは整形外科へ

$ 交通事故に遭われた場合、すぐに病院や整形外科で受診されることが基本です。
病院や整形外科には、レントゲン、MRIといった検査機器が充実しています。整骨院・接骨院には技師がいないために、これらの検査を受けることはできません。なので、少しでも首やお体に不調を感じた場合は、すぐに、事故の状況や症状を伝え、整形外科等で精密検査をしてもらいましょう。万一、事故直後に病院で診断を受けない、または、警察で交通事故処理だけを行い病院では診察を受けていない場合、月日がたてばたつほど、後から出てくる首の痛みやお体の不調が実際にあったとしても、交通事故との因果関係が疑われる場合や、交通事故での傷病が認められない場合がありますので、注意してください。

 病院診断後の改善処置について

$ 病院や整形外科での受診後の後続治療・改善処置は、整骨院にお任せください
しかし、病院や整形外科では診療時間が限られていて通院することが難しかったり、症状に対する治療が、シップやけん引、温熱療法やお薬のみとなる場合が多くなる時があります。交通事故後での、お体の不調やムチ打ち症などで、手技施術を得意としている整骨院・接骨院の方が通院に適している場合もございます。また整骨院では診療時間も一般的に柔軟性がありますので、以上のことをまとめて利便性を考えれば、整形外科で診断を受け、整骨院・接骨院で治療を続けることが良いと考えられます。まずは一度、お電話にてご相談ください

 患者様のご負担額と事故後の治療計画について

$ 自賠責保険を適用し、心にゆとりを持ちながら治療計画を立てましょう。
基本的に、患者様の負担金額は0円です。(自賠責保険適用) そして、通院にかかった交通費なども受け取れます。
なお、整形外科や病院でおケガをした箇所の診断(診断書)を受けたのち、整骨院に転院されたとしても、月に1回程度は、症状の経過を病院や整形外科で精密検査を受けられることをお勧めします。病院(整形外科)と整骨院との、同日掛け持ち治療でなければ問題は生じません。また、保険会社が自賠責保険適用ではなく、健康保険の治療を進めてくることもありますが、一部の例外を除き、自賠責保険か健康保険のどちらを利用し治療を進めていくかの選択権は、事故に遭遇された患者様にあります。患者様ご自身の意思を元に、保険会社と相談をしてみましょう。決めかねる場合や不安な場合はご相談ください。
保険会社は、整骨院ではなく病院や整形外科の通院を進めてくることもありますが、上記でご説明したように、治療の選択権は患者様にあります。保険会社の担当者とよく相談をし、ご自身が納得のいく治療計画を立ててください。仮に他院で治療中でも、現在の施術計画や、実際におケガの治り具合にあまり変化がない時などでも、ぜひ当院へご相談ください。患者様の視点に立って、患者様のお役に立つ治療計画をご提案致します。